海外を観光したいならセブ島がオススメ【渡航費用の相場を紹介】

旗

経験したい海外での生観戦

開幕戦であれば、前年の12月からツアーの申し込みが開始されるのがF1観戦ツアー。カレンダーが正式発表された後は、早期に予約を申し込むことが重要です。また、サーキットによっては気温が下がるため、服装の準備は怠らないようにしましょう。

記事一覧

複数の人

異国情緒を満喫できる旅行

バリ島観光する際のオプショナルツアーの申し込みは、国内の旅行会社で申し込む方法と現地で申し込む方法があります。現地で申し込む場合は、日本語が話せるスタッフがいるかなどの事前確認を、怠らないようにしましょう。

荷物

おすすめの選び方

シンガポールツアーを選ぶときはフリー日程があるものがおすすめです。治安がよく、交通機関も発達しているためです。もちろん不安ならば添乗員をつけるのもありでしょう。有名ホテルも多いのでホテルで選ぶのも一つの手です。

ウーマン

近いだけではない魅力

セブ島は日本から直行便があり、近くて短い日程でいける常夏の島と人気の観光地です。しかし、セブ島の魅力はそれだけではなく、物価が安く、英語が通じるといった良さもあり、離島にいけば更に自然が豊かになることからリピーターが大勢います。

F1

早めに観戦チケットを確保

早期予約をしたいのがF1観戦ツアーです。カレンダーの中で人気のグランプリほど、観戦チケットが早期に完売してしまいます。グランプリ開催の3ヶ月前までに予約をするために、早速ツアー会社に問い合わせましょう。

PICK UP

旗

経験したい海外での生観戦

開幕戦であれば、前年の12月からツアーの申し込みが開始されるのがF1観戦ツアー。カレンダーが正式発表された後は、早期に予約を申し込むことが重要です。また、サーキットによっては気温が下がるため、服装の準備は怠らないようにしましょう。

複数の人

異国情緒を満喫できる旅行

バリ島観光する際のオプショナルツアーの申し込みは、国内の旅行会社で申し込む方法と現地で申し込む方法があります。現地で申し込む場合は、日本語が話せるスタッフがいるかなどの事前確認を、怠らないようにしましょう。

フィリピンの人気リゾート

レディ

渡航の費用

フィリピンは、東南アジアに位置する共和制の国家です。国のほとんどが島国であり、周囲には日本や台湾、マレーシアなどが位置しています。この国の首都はマニラで、スペインの植民地化された16世紀末よりフィリピンの首都となっています。フィリピンの独立後も一貫して首都でありつづけていて市域人口は178万人となっています。この国は、赤道が近いこともあるために高温多湿の熱帯性気候で、季節は雨季と乾季に分けられます。この国には、熱帯性気候であるために東南アジアでも有名な人気のリゾート観光地があり、それがセブ島です。セブ島は、フィリピン中部のビサヤ諸島にある島で、ビーチや観光スポットが点在しているために多くの観光客が訪れています。また、観光以外にもセブ島では英語圏であるために語学留学先としても注目されています。セブ島での人気の観光として、島を回る人気アクティビティのアイランドホッピングやジンベイザメ鑑賞、マリンアクティビティが人気となっています。マリンアクティビティを代表するダイビングやシュノーケリングでは、透明度が高い海洋保護区があるために、世界中のダイバーのあこがれの地です。セブ島への料金は、季節にもよりますが大手旅行会社のツアーの4泊5日で、ほとんどが10万円前後となっています。ハイシーズンは15万円を超える時もあるのが現状です。ツアー以外では、航空機もLCCの運行がありますので片道約1万円前後で行くことが可能となっています。ホテルの費用は、5つ星の高級ホテルで1泊約3万円を超える料金です。東南アジアでも有数のリゾート地ですので、治安に関しても比較的良いと考えます。

Copyright© 2018 海外を観光したいならセブ島がオススメ【渡航費用の相場を紹介】 All Rights Reserved.